2013年03月30日

南米チリで謎の小エビ大量発生、赤く染まった海岸

【3月28日 AFP】南米チリ・ビオビオ(Bio-Bio)州コロネル(Coronel)の海岸で大量の小エビの死骸が打ち上げられる現象は、一週間近くたった27日も続いている。

 首都サンティアゴ(Santiago)から南におよそ520キロ離れたコロネルの海岸は、前週から約3キロメートルにわたって小エビの死骸で真っ赤に染まり、地元住民を驚かせている。数百万匹もの小エビが相次いで打ち上げられている理由は現在のところ不明で、市当局が原因を調査中だ。(c)AFP
posted by つくね at 11:16| Comment(0) | 環境・サイエンス・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。