2011年08月25日

地球には870万種の生物、発見されたのはごくわずか 国際研究


【8月24日 AFP】地球上には870万種以上の生物が存在するという論文が23日、米オンライン科学誌プロス・バイオロジー(PLoS Biology)に発表された。ただし、これまでに発見・分類された種はこのうちのほんのわずかだという。

 現行の分類法をスウェーデンの博物学者カール・リンネ(Carl Linnaeus)が1700年代半ばに考案して以来、生物種はこれまでに約125万種が発見・分類されている。全体数の推定は、これまで300万〜1億種と大きな開きがあった。

 カナダ・ダルハウジー大(Dalhousie University)と米ハワイ大(University of Hawaii)の研究チームは、既に知られている生物種を数学的に検討し、870万種と予測した。論文を掲載した同誌は、「これまでで最も正確な予測」だと評価している。

 予測によれば、動物が777万種、植物が29万8000種で、これまでに発見・分類されたのは動物が95万3434種、植物が21万5644種にとどまっている。カビやキノコなどの菌類は約61万1000種で、このうち既知のものは4万3271種。アメーバーなどの原生動物は約3万6400種、クロミスタは2万7500種だった。

 陸の生物の約86%、海の生物の約91%が、まだ見つかっていない計算になった。

 ハワイ大のカミロ・モラ(Camilo Mora)氏は、さまざまな人間活動が生物種の絶滅速度を加速している今こそ、生物種に関するこうした数字は重要な意味合いを持つと話した。

 国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature、IUCN)の「レッドリスト(Red List)」は5万9508種を監視しており、うち1万9625種が絶滅の危機にさらされているとしている。(c)AFP
posted by つくね at 13:42| Comment(0) | 環境・サイエンス・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

サウジに高さ1キロ超えるビルの建設計画


【8月3日 AFP】サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール(Alwaleed Bin Talal)王子は2日、紅海沿岸のジッダ(Jeddah)に高さ1000メートルを超える世界一高いビルを建設する計画を明らかにした。

 同氏が所有する投資会社キングダムホールディング(Kingdom Holding)と同国の建設業財閥ビン・ラディン・グループ(Bin Laden Group)の間で、近々12億ドル(約930億円)規模の建設契約が締結されるという。

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)にある「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」(828メートル)から「世界一高いビル」の称号を奪うことになるこのビルは、完成までに36か月を要し、ホテルのほかマンションやオフィスのゾーンも設けられる。着工時期は明らかにされなかった。

 アルワリード王子は、石油輸出国機構(Organization of the Petroleum Exporting Countries、OPEC)で中心的な役割を果たし、政治的にも経済的にも安定しているサウジアラビアという国の強さを、このビルは象徴することになると話した。王子はアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王のおいで、同国で最も裕福と言っていいビジネスマンだ。(c)AFP
posted by つくね at 00:41| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。